形成外科とレーザー
ホーム 診療案内 診療実績 形成外科とレーザー よくある質問

 

[ ホーム ] [ 形成外科手術とは ] [ レーザー治療とは ] [ 理学療法とは ] [ 保険診療と自費診療 ]


<形成外科の歴史>
  1. 形成外科は外科処置の中では最も古く、紀元前6−7世紀にはインドで鼻形成術について報告がされている。

  2. ルネッサンス時代にはイタリアで皮膚移植がなされたが、近代形成外科の始まりは19世紀に入ってからである。

  3. 19世紀以降は、戦争による外傷治療の進歩いよって形成外科が急速に発展した。

  4. 第2次世界大戦を経て生活の安定および社会通念の変化したことによって外傷などの負傷者を社会復帰させるための整容的手術の技術が向上した。

  5. 飽食の時代を迎えて衣食住が充実し、人々が整容的に高いレベルの治療を求めるようになった。

  6. 現代社会はでは、さらに若さと美しさを求めるようになり、形成外科の特殊技術が基礎となって美容外科が生まれた。

<形成外科の各セクション>

形成外科は各セクションの相互協力から成り立っている診療科です。

kousei.jpg (107077 バイト)

 

  1. レーザー治療は手術では傷跡が残ったり切除範囲を広げれば変形を来すなど手が届かなかった部分および症例に対して行われます。時として凍結療法などその他の療法を併用します。

  2. レーザー治療は手術による瘢痕に対して理学療法および薬物療法との併用で治療します。

  3. レーザー治療は手術範囲を縮小します。また、レーザー治療に抵抗性のある病変部分は手術およびその他の療法を併用して治療します。

 

美容外科・形成外科および整形外科の違いを間違いなく明確に説明することはできません。各診療科にまたがった病気が存在するからです。医療特に美容外科および形成外科に携わって40 以下のように説明しています。

  1. 取扱う組織

  2. 診療科

  3. 治療目的

で見ると違いが見えてくると思います。

 

hikaku.jpg (166761 バイト)

 

美容外科;

体の表面の組織の形が精神的に負担がある場合これを美的に処置することを目的とする医療

形成外科;

体の表面の組織に機能障害と変形がある場合これの修復を目的とする医療

整形外科;

骨組織と周囲組織に機能障害と変形がある場合これの修復を目的とする医療