一口メモ
ホーム 一口メモ 不妊症

 

絞り込み

 
検索結果
アートメイクの治療効果ははケースバイケースです。
アイラインのアートメイクの治療は難しいことがある。
青色に対する肌色の刺青はレーザー治療を不可能にする。
12歳を過ぎたら本人の希望に合わせて治療を進めて行く
3歳まではいたみ神経が十分発達していないのでむ麻酔で治療が可能です。
3歳を過ぎた幼児のアザの治療を局所麻酔で行うと幼児体験としてのトラウマ「心の傷」の可能性がある。
3歳以上10歳くらいまでのアザ治療には全身麻酔が必要のようです。
6歳−12歳の間は子供の意見を聞きながらまた精神的負担なっど総合的に判断して治療に踏み切る。
アザには色だけの問題と色とボリュームの問題を持っているアザがある。
アザに対するレーザー治療は3ヶ月 に一度の追加治療で効果を見ます。
アザの治療はキズをいかに作らないかが問題です。
アザの種類で使用されるレーザー装置が異なります。
アザは神様のイタズラです。
アザ治療は記憶に残らない3歳までに治療しましょう
アザ治療は生後3ヶ月より始め3歳までに終わりましょう。
アザ治療は乳幼児のほうが皮膚が柔らかく効果的です
アザ治療プランニングでは小範囲のテスト照射から始めることも多いようです。
アザ専用のレーザーでは脱毛は起きにくい。
多くのアザは治療を待ってくれる病気です。
アトピー性皮膚炎および皮膚湿疹も痛みのないレーザー治療の適応で効果が期待できます。
腰痛や五十肩など痛みに対するレーザー治療は1週間に1−2度の治療が通院必要が必要です
イチゴ状血管腫は生後1ヶ月以内に出現し3−6ヶ月まで増殖するため早期よりの治療が望まれます。
イチゴ状血管腫は生後3週間からでも可能です。
イチゴ状血管腫は増大の可能性があり、生後1ヶ月から治療開始します。
イチゴ状血管腫を自然治癒させた場合は色素沈着とキズ跡がのこることがある。
イボには特効薬的な治療法はありません
イボは1−2週間に一度の治療8回で痛みもなく治る症例がある。
手足のイボは1-2週間に一度の痛みのないレーザー治療で経過をみますこともあります。
首の小さな糸状のイボはレーザー治療1-2回で満足する結果が得られます。
イボ状アザの治療の原則は手術です。
イボ状アザは再発する症例がある。
ケガは1ヶ月目が赤みや硬さが一番目立ちます。
スリ傷のあと2−3ヶ月間は日焼け止めクリームを使用しましょう。
前胸部および肩部のケロイドに対しては手術は不適当のこともある
レーザー治療はケロイド・ニキビ・キズ跡に対しても効果を発揮します。
交通事故後の色素沈着はレーザーの適応。
事故による青色の色素沈着(鉛筆の芯)などレーザー治療の適応です。
20歳前半でもシミは出来る。
シミにはレーザー治療で7−10日で消えるシミと3−6ヶ月かかるシミがある
両頬部のシミや頑固なシミはレーザー治療にマッサージ療法を併用します。
一旦消えたシミでも1−2年で再発することがある。
円形のシミ・イボ状のシミに対してのレーザー治療は多くのケースで1回の治療で十分です。
円形のシミ治療では治療直後のお化粧はできません。
紫外線がシミの原因のようにいわれますが一概にそうとは言えません。 
手足のシミとはルビーレーザーでさようなら!!
直径1.5―2センチ円形のシミの治療費用は4−5万と考えてください。
両頬部の地図状のシミは2週間に1度の治療を6ヶ月行います。
ソバカスもレーザー治療で効果的。
両ほほ骨部の直径5ミリほどの数個のシミは青アザの親戚です。
ニキビは状態に応じて治療法がいろいろです。
にきび・円形脱毛は2−3ヶ月前の環境変化がストレスになっていることが多い
ホクロ10個レーザー療法なら4−5分で処置です
ホクロのガンは100万個に数個と言われています。
ホクロのレーザー治療では2週間治療部位のお化粧は避けてください。
ホクロは2−3ヶ月後時に再発することがあります。
レーザー治療によるホクロ治療は直径1センチが限界。
レーザー複合療法によるホクロ除去は美容上大きな問題は起こりません。
手のひらおよび足の裏のホクロに対してレーザー治療は不適当。
乳幼児のほくろは10人に1人、3歳児では4人に1人存在する。
ホクロはアザの母斑細胞母斑(黒アザ)の一種です
ヤケドにもレーザー治療は威力を発揮します。
いつでも追加治療はできる。
まわりの人の理解と協力が必要である。
レーザー治療には無治療と言う皮膚を回復させる治療期間がある。
レーザー光は太陽光線の一つです。
レーザー治療での痛みには貼り薬による痛み止めをすることがあります。
レーザー治療では健康保険が効く場合と効かない場合があります。
レーザー治療では問題となるような大きな副作用は経験していません。
レーザー治療でも大なり小なり副作用はあります
レーザー治療には内科的と外科的レーザー治療があります。
レーザー治療のとき眉墨、マスカラおよび黒い服は避ける。
レーザー治療を希望する未成年者は必ず保護者同伴で受診しましょう。
レーザー照射による反応性の色素沈着(レーザー焼け)が一時的におこることがあります
眼のそばのレーザー治療では眼への影響は心配は要りません。
肩および前胸部のアザに炭酸ガスレーザーは使ってはいけない。
古来からの言葉「日光のないところに医者がくる。」
治療の決定権 : 6歳までは親の判断/12歳過ぎると本人の希望
治療をするかどうかは6歳までは親の判断
治療後の化粧は1週間は控えてください。
内科的レーザー治療は血行改善を期待した治療です
乳幼児期の方がレーザー治療の効果が高い。
レーザー脱毛の効果は個人差はありますが平均で4.5回というデータが多いようです。
レーザー脱毛は6週間−2ヶ月の間隔で追加治療がベスト。
黄色腫は小さいうちに治療を受けましょう。
汗管腫(下まぶたの多数のデキモノ)はレーザーを使用すれば良い結果が得られます。
汗管腫(下まぶたの多数の小さなデキモノ)は20才台の女性に多く見ます。
顔面神経麻痺や突発性難聴もレーザーで治療可能。
魚の目は小さいうちなら一回のレーザー照射で十分なことも多いようです。
黒アザには再発しやすいものとしにくい症例がある
黒アザに対するレーザー治療は健康保険の適応にならないこともある。
黒アザはレーザーの適応にならない種類があります。
大きな黒アザにはレーザー複合療法・凍結療法・手術療法が必要です。
水イボに対するレーザー治療はピンセットによる出血はありません。
水イボはレーザー治療後2週間で脱落します。
水イボは痛みも出血もなく治療可能。
直径1cm程度でも蒙古斑より濃い青アザは自然消失しずらくレーザー治療の適応となる
蒙古斑は成長とともに自然に薄れて気にならなくなるものと消えないものがある。
蒙古斑より濃い円形の青アザは自然に消えてしまうことはありません。
眼球の青アザはレーザーでは治せない。
消えないモウコ斑もありますのでレーザー専門医に相談しましょう。
青アザ(太田母斑)には生まれつきと思春期に現れるものがある。
青アザ・太田母斑では3-5回のレーザー治療でほぼ満足できる結果が得られる症例が多い
青アザには顔に出来る太田母斑、肩に出来る伊藤母斑および背中お尻以外の異所性蒙古斑がある。
青アザは再発しない。
太田母斑(青アザ)で思春期に現れるものを含めると2%前後の方が悩んでおられる。
乳幼児での太田母斑(青アザ)は1%以内です。
青アザは多くの場合、3ヶ月間隔で3−5回のレーザー治療で十分です。
青アザ以外のアザは再発の可能性があります。
青アザおよび赤アザ約3ヶ月の間隔をもってレーザー治療を行います。
赤アザは苺状血管腫を除いて生涯不変といわれていますが濃くなるのもがあります。
赤アザでは頚部のものが非常に効果的です。
赤アザは100人に3−4人程度発生すると言われています。
単純性血管腫では頚部のものが非常に効果的
目および口の周りの血管腫はレーザー治療に抵抗性のことがある
赤アザ及び青アザのレーザー治療の効果判定は3ヶ月後に行います。
赤アザに対する現在のレーザー治療では1/3の症例が消えてなくなりますが1/3が抵抗性です。
クモ状血管腫および星芒状血管腫は1−2回 のレーザー治療で消失する。
赤ら顔では30人に1人くらい再治療が必要なことがある。
赤ら顔のレーザー治療は多くの場合1回でいいようです。
円形・楕円形の茶アザは再発性が強く、再発防止の後療法が必要です。
地図状の茶アザは再発性が低い。
茶アザで再発した症例ではレーザー治療は健康保険が適応外となることがあります。
茶アザにはドライアイス療法(凍結療法)が効果的な症例もある
茶アザには生まれつきのものと思春期に出てくるものがあります。
茶アザに対するレーザー治療では一時的に濃くなることがある
茶アザのレーザー治療法はまだ確立していませんが良い結果が得られる場合も多い。
茶アザの発生率は100人中10−15人です。
茶アザはレーザー治療・凍結療法を主体とした複合療法が必要です。
茶アザは痛みがないレーザーで治療ができる症例がある。
まれに茶アザ・黒アザでは治療後、白アザ様になることがある。
毛が生えているアザは治療に抵抗性のことがある。
腰痛や寝違えの痛みもレーザー治療が効果的です。
白アザには2週間に1回の長期的なレーザーによる通院治療が必要です。
白アザは手術療法とレーザー治療がありますがまずはレーザー治療からはじめましょう。
皮膚着色剤の使用も一つの治療法です。
皮膚湿疹もレーザーで改善が期待できます。
顔面の毛細血管拡張症のレーザー治療では2週間で効果が出ることもあります。
顔面の毛細血管拡張症は40歳の女性では2人に1人存在します。